104

2013年1月6日 | バイナリーオプション ブログ | コメント/トラックバック (0)

バイナリーオプションの税金について

ブログランキング・にほんブログ村へ

バイナリーオプションの税金について、
そろそろ確定申告をする時期になってきましたので
少し触れておきたいと思います。

 

 

ちなみに、
私は基本的に税理士さんにお任せなので
正直細かい部分まではわかりません。

 

 

より詳しくお知りになりたい方は
税理士さんなどのサイトをご覧になられると良いでしょう。

 

 

ただ、ここでは、
少し豆知識的な事を書いておきたいと思います。
今年から申告される方などには特に役に立てるかと思います。

 

 

 
─────────────────────────────
メルマガ始めました!

 

登録フォームはこちら

 

メルマガの方針はこちらの記事⇒バイナリーオプション メルマガ
─────────────────────────────

 
 

 
─────────────────────────────
応援クリックいただけると嬉しいです!!
下記リンクをクリックしてページを開いていただくだけです。
よろしくお願いします!

 

 

にほんブログ村 バイナリーオプション
FXバイナリーオプション ブログランキング

 

※どちらも別窓で開く様になっています。

 

─────────────────────────────

 

いつも応援クリックありがとうございます!

 

 

 

一体どのラインから申告が必要になるのか?という点ですが、
年間で20万円以上の利確をしていなければ、
基本的に申告の必要はありません。

 

 

例えば20万5千円の利益が出ていたとなると、
すごい微妙なので申告したくない気持ちもあるかと思いますが、
決まりなので申告はすべきだと思います。

 

 

 

ただ、FXやバイナリーにも経費は認められますので、
経費計上できるものは計上することにより、
利益額を少なくすることもできます。

 

 

たとえば、

 

・トレードに使用するPCの購入費(全額は難しい)
・トレードに使用する通信費
・仮想デスクトップサービス
・会員制サービスの月額費(投資関連のサービス)
・セミナー費(それに係る交通費も)
・懇親会費(証明できれば)
・書籍・DVD(投資関連)
・情報商材購入費

 

ざっとこんな感じでしょうか。
他にもあれば、コメントにて教えてください。

 

 

 

順にもう少し細かく書いていきたいと思います。

 

・トレードに使用するPCの購入費(全額は難しい)

 

全額は難しいと書いたのが、自宅に1台しかパソコンがない場合。
この場合は、実際にトレードに使う割合からの按分が基本です。
多くても半分が限界だと思っておいた方が良いでしょう。

 

もし自宅に2台以上のパソコンがある場合で該当年内に購入した場合は、
トレード専用のパソコンという名目にすれば、
全額経費計上できる可能性が大きいです。

 

当然、今はもう1月ですので、今から買っても来年の確定申告の話です。

 

 

 

・トレードに使用する通信費

 

これも上記と同じで家に回線が一つしかなければ、多くても半分。
家の回線が二つ以上(モバイル通信含む)あれば、
内一つを全額計上というのは可能かもしれません。

 

ただ、スマホなどのテザリング機能を使う事を一つとするのは、
おそらく厳しいのではないかなと思われます。
※それで経費計上している実績のある方は教えてください。

 

 

 

・仮想デスクトップサービス

 

実際にここでトレード関連のものを何か稼働させていれば、
全額経費計上が可能だと思います。

 

 

 

・会員制サービスの月額費(投資関連のサービス)

 

投資関連のサービスに限られますが、
会員制サービスの月額費用ももちろん経費計上です。

 

 

 

・セミナー費(それに係る交通費、遠方なら宿泊費も)

 

これももちろん投資関連のセミナーになりますが、
経費計上ができます。
(実質、投資関連じゃなくても大丈夫だと思いますが)

 

例えば、遠方から一泊かけてセミナーに出席する場合、
ホテルの宿泊費なども経費計上できるわけですが、
特にホテルのランクは関係ないので、
少し高めのホテルに泊まっても問題ないかと思います。

 

当然、一人分しか経費計上できませんから、
二人で行ったりしてもダメですけどね(笑)

 

 

 

・懇親会費(証明できれば)

 

投資関係の情報交換をした場だときっちり証明できるものなら、
経費計上が可能だと思われます。
これもセミナー費同様、宿泊して行くなら経費計上可能です。

 
・書籍・DVD(投資関連)

 

トレード方法を学んだり情報収集するためのものは
書籍費などで経費計上が可能です。

 

 

 

・情報商材購入費

 

ネット上で販売されている情報商材の購入費も
もちろん経費計上が可能です。

 

 

 

※当然ですけど、全て領収書が必要です。
領収書のないものは、基本的にすべて経費計上できません。

 

 

税務署が来た際に証拠を提示できなければ、
全部却下されると思っておいた方が良いと思います。

 

来ないだろうから大丈夫という考えも危険です。

 

 

 

上記の観点から、
仮にちょうど20万円の年間利益が出ていたとして、
上記に該当するような経費が20万かかっていたら
相殺されて0となります。

 

 

申告は面倒な作業ではありますが、
きっちりと申告しておくのが賢明でしょう。

 

 

面倒ならば税理士さんにやってもらうのも一つです。
※青色申告の場合

 

 

 

確定申告で少しでも得をしたいなら
こういった物も読んでおかれると良いかと思います。

 

 


株・FX・投資信託一番トクする確定申告 平成25年3月15日申告分 (SEIBIDO MOOK)

 

 

あと青色申告する場合はこれが有名ですよね。

 

 


やよいの青色申告 13

 

 

もちろん、これらも経費計上です(笑)

 

 

バイナリーオプションはポジションの持ち越しがないのが基本ですので、
年末の最終で微調整がしづらいというのがありますね。

 

FXだとこれ以上利益を出したくないならポジション持ったまま、
少しでもマイナスを増やしたいなら含み損を確定させるなど…
こういった事ができるのですが(笑)

 

 

いずれにしても、規定額以上の利益が出ていたら
きちんと申告はしないといけませんので、
しっかりと行いましょうね!!

  
─────────────────────────────
メルマガ始めました!

 

登録フォームはこちら

 

メルマガの方針はこちらの記事⇒バイナリーオプション メルマガ
─────────────────────────────
  



この記事「いいね!」と思ったら
ブログランキング・にほんブログ村へ 


また読みたい・紹介したいと思ったらブックマーク登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

▼キャッシュバック倍額タイアップ▼
インヴァスト証券
【参考記事】
【注目】らくらくテクニカル
インヴァスト証券との限定タイアップ

おすすめのバイナリーオプション口座

▼書籍プレゼント限定タイアップ中▼みんなのバイナリー
みんなのバイナリーと限定タイアップ
【注目】みんなのバイナリーで雇用統計を攻略

▼二つのシグナルツールが使える▼ロンナル・フォレックス 【関連】FXTFバイナリーシグナルツール
ロンナルフォレックスのシグナルツール


▼ドル円専門・権利放棄可▼HIGH・LOW MAJOR

▼取引通貨ペア多数・権利放棄可▼
FXTF
キャッシュバックキャンペーン

▼簡単!ワンタッチオプション▼kakakuFX 口座開設キャンペーン

▼10月1日からリニューアル▼
FXプライム[選べるHIGH・LOW]
FXTF HIGHLOWとのスペック比較
外為オプションとのスペック比較
ぱっと見テクニカル バイナリーオプション


▼ペイアウト2倍、10分で完結!▼

最新の記事一覧

  • にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ





    FX
ページ上部に