104

2012年1月29日 | バイナリーオプション 手法 | コメント/トラックバック (0)

バイナリーオプション手法 マーチンゲール法

ブログランキング・にほんブログ村へ

バイナリーオプションに限らず、倍率方式の投資に使われるのがマーチンゲール法。

日本語だと倍々法になります。

 

これをFXに当てはめると、ナンピンと言われるものが近いかと思われます。

ナンピンは、取ったポジションから逆行したら更に買い増すというもの。

 

 

マーチンゲール法の場合、

1000円賭けて外れたら次の投資に2000円を賭けるというもの。

最後を買って終わる限りは、絶対にプラスになるという投資法です。

 

ただ、理論上はこれで最後に勝てば必ず勝てるのですが、

決定的な弱点があります。

それは、負けが続くととんでもない資金力が必要になるという事です。

 

 

確かに選択肢が2分の1の賭け事の場合、

10回連続で負ける可能性は

2×2×2×2×2×2×2×2×2×2=1024

となりますので、1024分の1です。

 

 

これほどの数字を見るとほぼ無いと言えるのかもしれませんが、この話でもっとも忘れ去られがちな事があります。

それは、

一回目外れたのと二回目外れるのは何の因果関係もない

という事です。

 

つまりは、常に確率は2分の1です。

それ以上でもそれ以下でもないわけです。

机上の空論というものですね。

 

 

なので、10連敗も十分にあり得る訳ですね。

となると、この話で行くならば、

1000円を賭けた後で負け続けた10回目には512000円必要

になるんです。

それまでに賭けてきた金額も入れるとゆうに80万を超えます(笑)

 

仮に掛け金を100円にしたとしても、8万円を超えますからよっぽどお金に余裕が無い限りは、現実的ではないと言えるでしょう。

 

何故なら、最後に勝ちで終われば勝つには勝てますが、それだけの資金力を投下しても、勝てるのは最初の掛け金分だけだからです。

 

 

もっと賢い投資法を探した方が良いと思われます。

 

 



この記事「いいね!」と思ったら
ブログランキング・にほんブログ村へ 


また読みたい・紹介したいと思ったらブックマーク登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

▼キャッシュバック倍額タイアップ▼
インヴァスト証券
【参考記事】
【注目】らくらくテクニカル
インヴァスト証券との限定タイアップ

おすすめのバイナリーオプション口座

▼書籍プレゼント限定タイアップ中▼みんなのバイナリー
みんなのバイナリーと限定タイアップ
【注目】みんなのバイナリーで雇用統計を攻略

▼二つのシグナルツールが使える▼ロンナル・フォレックス 【関連】FXTFバイナリーシグナルツール
ロンナルフォレックスのシグナルツール


▼ドル円専門・権利放棄可▼HIGH・LOW MAJOR

▼取引通貨ペア多数・権利放棄可▼
FXTF
キャッシュバックキャンペーン

▼簡単!ワンタッチオプション▼kakakuFX 口座開設キャンペーン

▼10月1日からリニューアル▼
FXプライム[選べるHIGH・LOW]
FXTF HIGHLOWとのスペック比較
外為オプションとのスペック比較
ぱっと見テクニカル バイナリーオプション


▼ペイアウト2倍、10分で完結!▼

最新の記事一覧

  • にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ





    FX
ページ上部に